ホーム > 子ども読書支援センター > 子どもの読書に関するQ&A

子どもの読書に関するQ&A

※子ども読書支援センターに関する質問例と回答については、図書館全体のよくある質問をご覧ください。

・子どもや孫に読み聞かせをしたいが、絵本の選び方がわからない
・保育園で大型絵本を使ったおはなし会をしたい
・学校の教科学習で使える本を探している
・読み聞かせのボランティアを始めたい

 など、悩みや疑問をお持ちではありませんか?
 子ども読書支援センターでは、子どもの読書についての相談にお答えします。

 

子ども読書支援センターに問い合わせがあった事例をまとめました。こちらを参考にお問い合わせください。(印刷用PDF

 

赤ちゃん向けの本はありますか?

 「よむよむスペース」には、0~2歳向けのおすすめ絵本が置いてあります。 また絵本選びの参考として、0歳から年齢別にオススメの絵本を紹介したパンフレット「いっしょに読もうよ」が「発行物」のページに掲載されています。ぜひこちらもご覧ください。

 

視覚に障がいを持つ子どもが楽しめる本はありますか?

 点字付きの本や、さわる絵本、布絵本があります。詳しくは、各種所蔵リストの「県立図書館所蔵のバリアフリー絵本と参考文献リスト」をご覧ください。

 

外国語の絵本はありますか

 「外国語の本・絵本」コーナーには、英語、中国語、朝鮮語、ドイツ語、フランス語、スペイン語など様々な言語の絵本があります。団体貸出も可能です。

 

大型絵本を借りることはできますか?

 「大きな絵本・紙芝居」コーナーに大型絵本があります。英語の大型絵本もあります。詳しくは各種所蔵リスト「大型絵本リスト」をご覧ください。団体貸出も可能です。

 

読み聞かせに来てくれる団体を探しています。紹介してもらえますか?

 「子ども読書ボランティアバンク」に登録している団体の中から、各団体へ直接お申し込みください。詳しくは、「子ども読書ボランティアバンク」をご覧ください。  

 

紙芝居の舞台やパネルシアター、エプロンシアター、てぶくろ人形は借りることができますか?

 団体を対象に30日間、貸出します。団体登録手続を行っていない場合は申込みが必要です。詳しくは「各種所蔵資料リスト」のページをご覧ください。

 

▲ページのトップへ