ホーム > イベント情報

イベント情報

山梨県立図書館では、今年9月から来年3月にかけて、「かいぶらり教養セミナー 金田一館長連続講座『日本語学への招待』」を開催します。

4年ぶりの連続講座としての開催となりますが、皆さんが参加しやすいように各回単位での受付も行います。

現在は第6
回の受講を受け付けています。

※連続講座としての受講は定員に達しました。

r5kouza-sixth.png

(上の画像をクリックするとチラシがダウンロードできます。)

第6回を受講希望の方(会場またはオンライン)

受付期間

  • 2月17日(土曜日)受付開始 
    ※定員に達し次第、受付終了

定員

 会場:50名

 オンライン:100名

(いずれも先着順)

注意事項

 各回申込で6回受講しても特典の修了証書はお渡しできませんのでご注意ください。

申込方法

【会場参加】

(1)電話(055-255-1040)

(2)図書館カウンター

チラシ裏面にご記入いただき、カウンターで職員にお渡しください。

(1階サービスカウンター、児童カウンター、2階サービスカウンター)

(3)ウェブフォーム

専用フォームからお申込みください。(外部サイトへリンクします)

【オンライン受講(Zoom)】

  • Zoomのウェビナー登録 

こちらからウェビナー登録をしてください。(外部サイトへリンクします)

オンラインでご視聴される方へ

・オンラインはリアルタイム配信のみで後日のアーカイブ配信はございません。

※Zoomのご利用方法等について

 Zoomウェビナー 使用方法マニュアルをご参照ください。 

 Zoomウェビナーの操作に関するお問い合わせには対応いたしかねますのでご了承ください。

講座概要(全体)

講座日(全6回)

第1回:9月24日(日曜日)

第2回:10月21日(土曜日)

第3回:12月17日(日曜日)

第4回:1月21日(日曜日)

第5回:2月17日(土曜日)

第6回:3月10日(日曜日)

講座時間

各回ともに14:00~16:00(予定)

会場

山梨県立図書館 2階多目的ホール

キャンパスネットやまなし

この講座はキャンパスネットやまなし連携講座です。

受付にて、「まなびの手帳」をご提示いただければ、単位認定印を押します。

→連続講座として受講希望の方※連続講座受講分は定員に達しました※

受付期間

  • 8月23日(水曜日)~9月20日(水曜日)
    定員に達しましたら、期限より前に受付を終了することがあります。
  • r5kouza-renzoku.png

    (上の画像をクリックするとチラシがダウンロードできます。)

定員

 50名(先着順)

受講要件

 高校生以上で、全6回すべて会場での出席が可能な方

修了特典

 金田一館長サイン入り修了証書

 ※6回目講座終了後にお渡しします。

 ※各回申込で6回すべてを受講しても修了証書の対象にはなりません。

お問い合わせ

山梨県立図書館 総務企画課
電話番号 055-255-1040

かいラジ「やまなし朗読散歩」

イベントのチラシ

※画像をクリックするとPDFが開きます。(裏面があります)

【日時】2023年3月17日(日曜日)
 開場:午後1時30分、開演:午後2時(終演予定:午後3時)
 
【会場】山梨県立図書館1階 イベントスペース
 ※NHK甲府放送局の駐車場はご利用いただけません。
 
【読み手】三橋大樹アナウンサー / 髙橋康輔アナウンサー / 藤原優紀アナウンサー
 ※都合により読み手が変更となる場合がございます。ご了承ください。
 

主催:NHK甲府放送局 / 山梨県立図書館
 

観覧申込

入場は無料ですが、事前のお申し込みが必要です。

代表者1名の年齢を入力の上、以下のNHKサイトの専用申し込みフォームからお申し込みください。

https://www.nhk.or.jp/kofu/

※詳細はチラシ裏面および、NHKサイトをご覧ください。

締切:2月16日(金曜日)午後11時59分

  

放送予定

ラジオ第1「かいラジ」山梨県域放送 ※日時未定

 

問い合わせ

NHK甲府放送局

電話:055-255-2148(平日:午前9時半~午後6時)

おんがくかいぶらりvol.46
めんそーれ(沖縄三線普及協会山梨県支部) 

イベントのチラシ

※画像をクリックするとPDFが開きます。

日時:2024年3月9日(土曜日) 14:00開演(13:30開場) 
会場:山梨県立図書館2階 多目的ホール 
定員:100名(先着順)
※聴楽無料

沖縄三線普及協会山梨県支部「めんそーれ」です。三線の癒しの音色に魅せられたメンバーが集い、ワイワイ楽しく練習し、福祉施設などで演奏しています。山梨県と中央市の社協よりボランティア表彰を受けています。沖縄民謡の調べで、「ちむどんどん」する演奏を届けられたらと思います。

 

演奏曲

  • 安里屋ゆんた
  • 島唄
  • 涙そうそう 他

 

お申込み

スマートフォン、パソコンからフォームによる申込または電話による申込

山梨県立図書館総務企画課

フォームURL:https://forms.office.com/r/ThnvySkNi5
電話:055-255-1040

・先着100名様
・2月23日(金曜日)より受付を開始します。

 

主催:山梨県立図書館
協力:合同会社ナーブル音楽企画
 

※発熱や咳などの症状がある場合には来場をお控えください。

主なイベント(3月)

2024年3月

・3日(日曜日)午前10時 かいぶらりことばのひろば「ブラジルチャチャチャ!日本チャチャチャ!」(PDF) 

・9日(土曜日)午後2時 「おんがくかいぶらりvol.46 めんそーれ」(PDF)

・10日(日曜日)午後2時 「金田一館長連続講座(第6回)」(PDF) 

・17日(日曜日)午後2時 「やまなし朗読散歩」(PDF) 

 令和6年2月4日(日曜日)、山梨県立図書館協力員(外国語による読み聞かせ分野)による「外国語の絵本読み聞かせ」を開催しました。
 今回は英語の絵本を3冊読みました。また、英語の歌『Edelweiss』に合わせて、手遊びを楽しみました。

〈今回読んだ絵本〉
1.『Polar Bear's Underwear』 Tupera Tupera, Chronicle Books, 2015
2.『The Happy Day』 Ruth Krauss, Pictures by Marc Simont, HarperCollins Publishers, 1989
3.『The Three Billy Goats Gruff』 Paul Galdone, Clarion Books, 2006

写真(2024年2月4日「外国語の絵本読み聞かせ」の様子) 写真(2024年2月4日「外国語の絵本読み聞かせ」の様子) 写真(2024年2月4日「外国語の絵本読み聞かせ」の様子)

令和6年2月3日(土曜日)「かいぶらり朗読の集い「朗読劇ほかほか」」を開催しました

 令和6年2月3日(土曜日)午後3時から、『朗読劇ほかほか』を実施しました。
 シンガーソングライターでテレビやラジオ番組でおなじみの神部冬馬さんと、都留市出身でドラマや映画・舞台で活躍中、昨年は信玄公まつりで山本勘助役を務めた俳優の白須慶子さんにご出演いただきました。
 前半は、『山本勘助 軍師の苦悩』『菊姫』『笛吹権三郎』の朗読劇と白須さんの『信玄公祭りインタビュー』、神部さんから『なごり雪』を披露いただきました。後半は『北大路魯山人作品(青空文庫)』の朗読劇を楽しみました。
 神部氏のふくよかで力強い声と、白須氏の艶と高揚感のある魅力的な表現でストーリーを楽しみ、朗読劇の情景をイメージする映像の投影、音響の演出効果で、物語の時代やスケールを感じることができました。
 物語の登場人物や時代背景についてのお話、お二人の体験談やユニークなエピソードに加えて信玄公まつりの裏話など、ライブならでは楽しい時間を過ごすことができました。

r5hokahoka.JPG

2024年1月27日(土曜日)かいぶらりシチズンカレッジ「放送大学公開講座」を開催しました

 令和6年1月27日(土曜日)、当館2階多目的ホールにおいて、かいぶらりシチズンカレッジ放送大学山梨学習センター公開講座を開催しました。山梨大学教授の島弘幸先生を講師にお招きし、「自然の科学をアートする」と題してご講演をいただきました。

 私たちを取り巻く自然は、規則正しい模様(パターン)があることから、まずアートとしての美の例を美しいグラフィックでご紹介いただいた後、「なぜ自然は六角形を好むのか」「なぜ自然は縞模様を好むのか」といったテーマのもとに、最新の研究を統計や物理の視点で分かりやすく説明していただきました。また、雪の結晶を素材にした90年ほど前の研究の成果や、分子レベルから雪の結晶が成長する様子を解説していただき、自然と幾何的な造形との結びつきについて知ることができました。美しい自然の造形を鑑賞しながら、科学的な解説をしていただき、楽しい学びの時間となりました。

 今後も、県民の皆様の生活に役立つイベントや知的好奇心を刺激するイベントとして、かいぶらりシチズンカレッジを開催していきますので、どうぞご期待ください。

r5art.JPG

2024年01月26日(金曜日)かいぶらりシチズンカレッジ「富士山レンジャーによる学習会 環境保全と富士登山」を開催しました

 かいぶらりシチズンカレッジの企画「富士山レンジャーによる学習会 環境保全と富士登山」を1月26日(金曜日)午前10時から開催しました。
 山梨県富士山レンジャーは、富士山と富士北麓の環境保全のためのパトロールを行い、登山者や観光客への安全指導のほか、国立公園におけるルールやマナーについて啓発活動を行っています。
 今回は、前半で「富士山の自然と環境保全」について、富士山の成り立ち、富士北麓の動物の紹介、環境問題を取り上げていただき、後半では「富士登山」について、登山の装備、歩き方、注意点を詳しく解説をいただきました。火山活動の歴史、富士山と富士北麓地域の豊かな自然と動物たちの写真や動画を鑑賞しながら、その美しさや厳しさ、環境問題の深刻な状況について学ぶことができました。
 また、登山に関する現在の状況や、楽しみ方、注意点を知ることができ、世界文化遺産であり山梨の象徴でもある富士山に関する知識を得る有意義な講演となりました。

r5ranger.JPG

シネマかいぶらり上映会「ケアニン」を開催しました

今年度2回目に実施のシネマかいぶらりは『ケアニン~あなたでよかった~』を上映しました。

主人公の青年が働くことになった郊外の小規模介護施設では、認知症のご高齢の方を担当することになりました。
試行錯誤を繰り返し先輩たちの協力を得ながら本気で向き合い成長していく姿を描いた作品です。
私たちの身近にある出来事を追体験しながら家族の成長や周りのサポートに心温まる感動のストーリーでした。
上映当日は、積雪の天気予報があったためご来場いただいたお客様は、少々少なめとなりましたが、上質な作品に触れることができた喜びのご感想をいただきありがとうございました。

なお、令和6年度の多目的ホール設置のプロジェクターを入れ替えるため、夏のシネマかいぶらりは休止とさせていただきますのでご了承ください。
引き続き、良質な映画を快適な環境でお届けできるよう努めて参りたいと思います。

2024年01月07日(日曜日)「かいぶらり朗読のつどい「新春合同朗読会」開催しました

令和6年1月7日(日曜日)、当館2階多目的ホールにて、「かいぶらり朗読のつどい 山梨県芸術文化協会朗読部門 新春合同朗読会」を開催しました。

昨年度の2倍を超える81名の観客の皆様を迎え、満員の中での朗読会となりました。各朗読サークルは、定期的な練習と県民文化祭等の発表を重ねていらっしゃいました。いずれの朗読も、小説やエッセイの登場人物そのものが語りかけてくるような臨場感とストーリー展開の面白さに、観客の皆さんから笑顔や共感の声、感動の頷きを引き出していました。

今回は、新春にふさわしく、穏やかな外の陽気を感じながら朗読を堪能し、ゆったりと贅沢な気持ちを味わうことができました。朗読後には、演者と観客の皆様との交流も行われ、サークル活動の様子と楽しさも共有して、充実したイベントとなりました。

r5shinsyunroudoku.JPG

かいぶらり健康フォーラム 山梨がんサミット第3弾を開催しました

 

 令和5年12月17日(日曜日)、当館イベントスペースを会場として、かいぶらり健康フォーラム山梨がんサミット第3弾「「がんサバイバーシップあふれる山梨に!」~がん診断後の生活の質を高めよう~」を開催しました。

 1つ目の講演では「がん治療と子供を持つこと」をテーマに、武蔵野大学看護学部小児看護学講師の髙嶋希世子氏にご講演をいただきました。がん治療には、手術、化学療法、放射線療法、これらを組み合わせた造血幹細胞移植により、その副作用から長期的なフォローアップが必要となります。特に性腺障害は、子どもを持つことが難しくなる可能性があるため、妊孕性温存療法(にんようせいおんぞんりょうほう)といった医療(将来自分の子どもを授かる可能性を残すために、がん治療の前に、卵子や精子、受精卵、卵巣組織の凍結保存を行う治療)と継続した看護の必要性を中心に講義いただきました。また、小児がん患者の妊孕性温存療法のアプローチや小児がん経験者への寄り添う支援の重要性がわかりました。

 2つ目の講演では「メイクアップで颯爽と」をテーマに、NPO法人ソシオキュア&ケアサポート理事長の光江弘恵氏にご講演をいただきました。ソシオエステティックは、人道的・福祉的な観点から、病気や事故、老化などによる身体的・精神的な損傷に苦しみ、傷つきやすくなっている人々に対して、美容ケアがもたらす満足感を提供し、良い自己イメージを取り戻すための活動とのことです。脱毛時のメイク・肌トラブル時のスキンケア、爪のケアからメイクアップまで入院患者やご年配へのスキンシップを伴うアプローチから、精神的な満足感を得ながら健康年齢を持続させる一つのヒントをいただきました。

 3つ目の講演では「体力作りのプログラム」をテーマに、帝京科学大学理学療法学科講師の山田洋二氏にご講演をいただきました。WHOのガイドラインによると、「身体活動は、総死亡率だけではなく、がん治療を受けている人やがんの再発のリスクを低下させる」ことから、定期的な身体活動の実施が推奨されているとのことです。そこで、身体活動のガイドラインを提示しながら、具体的な目標値や運動内容をご教授いただきました。息を吐くことを意識した呼吸法や、日常生活での取り入れ方、長続きさせるコツや注意点など、健康な方にも参考となる内容でした。

 ご講演いただいた講師によるワークショップでは、具体的な相談をしたりメイクや口腔ケア、運動などの実践を行いました。

 講義を元にした内容を実践することによって、その知識を生かしていくきっかけを与えていただきました。今後も日頃聞けない貴重なお話を伺える場として、また医療従事者や学生、患者のご家族、健康に関心を持つ方々との交流の場所であるよう今後もご期待いたします。

r5ganforum.JPG

 令和5年12月16日(土)当館2階多目的ホールにて、「おんがくかいぶらりVol.45 バリアフリーライブ」を開催しました。

 本公演は、肢体不自由、知的障害を持つ方のユニットやソロ、ご家族による演奏会です。県内からは、MARINA'S(マリナーズ)と手話くらぶ(山口まちこ)の皆さん、東京からRICO&TATSUと西村知紘さん、北口大輔さん、横浜から桑名翔英さんにご参加いただきました。

 プログラムでは、「Oh Holy Night」、さだまさしの「いのちの理由」「アメイジンググレイス」「カッチーニのアヴェ・マリア」「ジムノペティ1番」、森理子氏のオリジナル曲、「戦場のメリークリスマス」「銀河鉄道999」「きよしこのよる」など、クラシックからポップス、オリジナルソングまでクリスマスにふさわしく心あたたまる楽曲と、歌やピアノ、ピアニカ、ハープ、ギター演奏に、全体の進行に合わせた手話パフォーマンスを交えてお楽しみいただきました。

 個性と表現豊かな音楽や出演者の熱いメッセージを通じて、音楽を奏でることの喜びと楽しさを味わうことができた演奏会となりました。

ongakukaiburari45.JPG

 令和5年12月10日(日)、当館2階多目的ホールにて、外国講師による国際交流事業「ことばのひろば タイランドチャチャチャ!日本チャチャチャ!」を開催しました。今回は、学校法人ユニタス日本語学校のご協力のもと、留学生のスクサワット バッカムさんにご講演いただきました。

 最初の音楽コーナーでは、タイの踊り「ソンクラーン」を同留学生の美鈴さんが金色とピンクの民族衣装をまといながら優雅で美しい踊りを披露してくださいました。簡単な振り付けを教えていただきながら観覧の皆さんも少しずつ一緒に楽しむことができました。

 言葉のコーナーでは、あいさつや買い物で使う言葉など簡単なコミュニケーションをタイ語で学び、地方ごとの観光地、料理や農産物、お祭りなどを鮮やかな写真を投影しながら紹介をしていただきました。タイでは、曜日ごとに月曜は黄・火曜はピンク・水曜は緑・木曜はオレンジ・金曜は水色・土曜は紫・日曜は赤と色が決められていて個々のラッキーカラーとすることで服の色をコーディネートする人もいるなどの慣習も知ることができ、とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

 尚、講演に併せた図書資料の展示も行いました。

thailandchachacha.JPG

2023年12月2日(土曜日)かいぶらりシチズンカレッジ「放送大学公開講座」を開催しました

 令和5年12月2日(土)本館2階多目的ホールにおいて、かいぶらりシチズンカレッジ放送大学山梨学習センター公開講座を開催しました。山梨大学准教授菊地淑人先生を講師にお招きし、「文化財を問い直す」と題してご講演をいただきました。

 そもそも「文化財」の定義とは?といった話からスタートし、文化財の保護制度の変遷とともに文化財制度の深化について解説をいただきました。伝統的建造物や美術上の価値のある物などの有形文化財から文化的景観、民俗技術、というように物→景観→技術に文化財としての価値を認識していく進化があったことが理解出来ました。整理すると「有形文化財」「無形文化財」「民俗文化財」「記念物」「文化的景観」「伝統的建造物群」「文化財の保存技術」「埋蔵文化財」に分類されます。近年の「文化財」の多様化とともに、文化観光推進法に見られるように「文化財」の使い方の多様化が推進されていることを知ることができました。まちの豊かさの創出のための文化財活用が大切であることを丁寧にご教授いただきました。

 今後も、県民の皆様の生活に役立つイベントや知的好奇心を刺激するイベントとして、かいぶらりシチズンカレッジを開催していきますので、どうぞご期待ください。

r5-housou-bunkazai.JPG

2023年11月20日(月曜日)「かいぶらり朗読の集い「県民の日朗読会」開催しました

 令和5年11月20日(月)夕方6時30分より当館2階多目的ホールにて、「かいぶらり朗読の集い 県民の日朗読会」を、YBS山梨放送のご協力により、テレビやラジオなどでお馴染みのアナウンサー、櫻井和明氏、和泉義治氏、村上幸政氏ご出演の朗読会を開催いたしました。

 コナン・ドイル:著、延原謙:訳『瀕死の探偵』(「シャーロックホームズ最後の挨拶」より)は、桜井アナウンサーによる選書です。登場人物のキャラクターにあわせて声色を変えたりBGMの効果で物語の情景やその時代の空気感、ストーリの緊張感と驚きを巧みに表現していただくなど、迫力と緊迫感のある「朗読劇」となりました。朗読前後のMCでは丁寧にストーリーや時代背景の解説の他、アナウンサーそれぞれのエピソードや裏話を3名の掛け合いでコミカルに伝えていただくなど、終始楽しく会場を沸かせてくださいました。

 プロの魅力を感じながら物語のストーリーを満喫した心豊かな時間を送ることができた朗読会になりました。

kenmin-roudoku2023.JPG