ホーム > イベント情報

イベント情報

講演「このよろこびをあのこに~絵本を作り、手渡すこと~」を開催します

 本を読むこととは、絵本とは...?まだ日本で刊行されていない、埋もれた海外の児童書を翻訳し、自宅で家庭文庫を開いている講師の経験から、絵本を通して伝えたい思いや、読書の効能や喜び、選書の大切さなどについてお話していただきます。

 この講座は、「子どもの読書オープンカレッジ」として、年5回実施する講座の第5回目です。

●「このよろこびをあのこに ~絵本を作り、手渡すこと~」

●講師:小宮由 氏(翻訳家)

●日時:平成31年2月7日(木) 午後2時~4時

●会場:2階多目的ホール

●共催:山梨大学附属図書館子ども図書室

●対象:図書館職員、学校司書、司書教諭、幼稚園教諭、保育士、読み聞かせボランティア、保健師、放課後児童指導員など、子どもの読書に関心のある方なら誰でも参加できます。お子様同伴での参加はご遠慮ください。

●参加費:無料

●定員:100名(定員になり次第、受付を終了させていただきます)

●参加申込み方法:県立図書館、市町村立図書館等で配布されるチラシ(PDF)裏面の参加申込書により、県立図書館あてに郵送、FAX等でお申し込みください。または、電子メールでのお申し込みも可能です。件名を「子どもの読書オープンカレッジ参加申込み」とし本文に「氏名・所属(一般の方は不要)・電話番号」を記入し送付ください。なお定員に達した時点で締切とします。締切後にお申し込みをいただいた場合はご連絡します。

≪お問い合わせ≫

山梨県立図書館サービス課 子ども読書推進担当

電話:055-255-1040  FAX:055-255-1042    

電子メール:kodomo@lib.pref.yamanashi.jp

主なイベント(1月)

2019年1月

・6日(日曜日)午後1時30分 新春合同朗読会(PDF)

・18日(金曜日)午後6時30分 シネマかいぶらり名作ナイトvol.14 (PDF) 

※その他のイベントはこちら(2019年1月の交流施設イベントインフォメーション)(PDF)

「ことばのひろば スリランカチャチャチャ!日本チャチャチャ!」を開催しました

 平成30年12月15日(土)、当館1階交流ルーム104にて「ことばのひろば スリランカチャチャチャ!日本チャチャチャ!」を開催しました。「ことばのひろば」年間5回開催、当館協力員の新井さんのプロデュースによるものです。前回が南インド、今回がスリランカという運びになりました。挨拶の仕方を教わり、シンハラ語の丸いかわいい文字を学びました。スリランカには湿潤な地域と乾燥した地域、高冷な地域もあり、紅茶の説明もあって豊かな島のイメージが広がりました。長久保幸美さんの協力でヨガを椅子に座って実践しました。講師のイスルさんは結婚式を挙げたばかりで、スリランカの婚礼についてもお話しされ、豪華なアルバムも拝見させていただきました。お礼にオカリナデュオ秋桜のご協力で皆で歌を歌いました。次回は「ブラジル」、多目的ホールで3月開催です。お楽しみに。

20181215kotobanohiroba.jpg

20181215kotobanohiroba2.jpg

講演「子どもに伝えたい山梨の民話」を開催します

甲州弁で山梨の昔話や伝説を子どもに語ってみませんか。子どもは地方語の昔話を楽しむ感性を持っているので、おはなしを通して、ふるさとを伝えることができます。
今回の講座では、いくつかの地域の民話を取り上げ、語りを交えながらおはなしの背景を説いていきます。また、おはなし会の際の子どもへのアプロ―チやブックトークへの展開なども、絵本を使ってお話していただきます。

 この講座は、「子どもの読書オープンカレッジ」として、年5回実施する講座の第4回目です。

●「子どもに伝えたい山梨の民話」

●講師:藤巻愛子 氏(山梨むかしがたりの会代表)

●日時:平成30年12月6日(木) 午後2時~4時

●会場:2階多目的ホール

●共催:山梨大学附属図書館子ども図書室

●対象:図書館職員、学校司書、司書教諭、幼稚園教諭、保育士、読み聞かせボランティア、保健師、放課後児童指導員など、子どもの読書に関心のある方なら誰でも参加できます。お子様同伴での参加はご遠慮ください。

●参加費:無料

●定員:100名(定員になり次第、受付を終了させていただきます)

●参加申込み方法:県立図書館、市町村立図書館等で配布されるチラシ(PDF)裏面の参加申込書により、県立図書館あてに郵送、FAX等でお申し込みください。または、電子メールでのお申し込みも可能です。件名を「子どもの読書オープンカレッジ参加申込み」とし本文に「氏名・所属(一般の方は不要)・電話番号」を記入し送付ください。なお定員に達した時点で締切とします。締切後にお申し込みをいただいた場合はご連絡します。

≪お問い合わせ≫

山梨県立図書館サービス課 子ども読書推進担当

電話:055-255-1040  FAX:055-255-1042    

電子メール:kodomo@lib.pref.yamanashi.jp

山梨県立図書館では、10月から来年3月にかけて、
「かいぶらり教養セミナー 金田一館長連続講座『寺子屋ことば学』」を開催します。

★講座の日程・内容や、受講要件については、チラシ(PDF)をご覧ください。  

募集期間

  • 8月24日(金曜)~9月21日(金曜)  ※申し込みは終了しました

    定員100名を超えた場合、抽選で選定し受講決定者に10月10日までに通知します。

申込みの方法

チラシ(PDF)裏面の様式により、FAX、メール、電話、図書館カウンターで受付します

メールでの申し込みには、こちらの申込書(Word版)にご記入の上、添付ファイルとして山梨県立図書館企画振興担当(kikaku@lib.pref.yamanashi.jp)までお送りいただくか、メール本文中に氏名(カナ)、住所、電話番号をご記入のうえお送りください。 

お問い合わせ

山梨県立図書館 企画振興担当
電話番号 055-255-1040 FAX 055-255-1042

講演「いまヤングアダルトはどうなっているのか」を開催します

 ヤングアダルト、ということばには二種類の意味があります。一つは人…つまり年齢です。もう一つは本…つまり文化です。アメリカでは1960年代、この二つの意味はイコールでした。つまり、ヤングアダルト文学は、10代が読むもの、だったのです。ところが2018年には、この二つのヤングアダルトは分離して、イコールではなくなってしまいました。その現状と、いまの中高生に、どんな本を手渡したらよいのかを考えます。

  この講座は、「子どもの読書オープンカレッジ」として、年5回実施する講座の第3回目です。

「いまヤングアダルトはどうなっているのか」

●講師:赤木かん子氏(児童文学評論家)

●日時:平成30年10月18日(木) 午後2時~4時

●会場:2階多目的ホール

●共催:山梨大学附属図書館子ども図書室

●対象:図書館職員、学校司書、司書教諭、幼稚園教諭、保育士、読み聞かせボランティア、保健師、放課後児童指導員など、子どもの読書に関心のある方なら誰でも参加できます。お子様同伴での参加はご遠慮ください。

●参加費:無料

●定員:100名(定員になり次第、受付を終了させていただきます)

●参加申込み方法:県立図書館、市町村立図書館等で配布されるチラシ(PDF)裏面の参加申込書により、県立図書館あてに郵送、FAX等でお申し込みください。または、電子メールでのお申し込みも可能です。件名を「子どもの読書オープンカレッジ参加申込み」とし本文に「氏名・所属(一般の方は不要)・電話番号」を記入し送付ください。なお定員に達した時点で締切とします。締切後にお申し込みをいただいた場合はご連絡します。

≪お問い合わせ≫

山梨県立図書館サービス課 子ども読書推進担当

電話:055-255-1040  FAX:055-255-1042    

電子メール:kodomo@lib.pref.yamanashi.jp