ホーム > イベント情報

イベント情報

講演「いまヤングアダルトはどうなっているのか」を開催します

 ヤングアダルト、ということばには二種類の意味があります。一つは人…つまり年齢です。もう一つは本…つまり文化です。アメリカでは1960年代、この二つの意味はイコールでした。つまり、ヤングアダルト文学は、10代が読むもの、だったのです。ところが2018年には、この二つのヤングアダルトは分離して、イコールではなくなってしまいました。その現状と、いまの中高生に、どんな本を手渡したらよいのかを考えます。

  この講座は、「子どもの読書オープンカレッジ」として、年5回実施する講座の第3回目です。

「いまヤングアダルトはどうなっているのか」

●講師:赤木かん子氏(児童文学評論家)

●日時:平成30年10月18日(木) 午後2時~4時

●会場:2階多目的ホール

●共催:山梨大学附属図書館子ども図書室

●対象:図書館職員、学校司書、司書教諭、幼稚園教諭、保育士、読み聞かせボランティア、保健師、放課後児童指導員など、子どもの読書に関心のある方なら誰でも参加できます。お子様同伴での参加はご遠慮ください。

●参加費:無料

●定員:100名(定員になり次第、受付を終了させていただきます)

●参加申込み方法:県立図書館、市町村立図書館等で配布されるチラシ(PDF)裏面の参加申込書により、県立図書館あてに郵送、FAX等でお申し込みください。または、電子メールでのお申し込みも可能です。件名を「子どもの読書オープンカレッジ参加申込み」とし本文に「氏名・所属(一般の方は不要)・電話番号」を記入し送付ください。なお定員に達した時点で締切とします。締切後にお申し込みをいただいた場合はご連絡します。

≪お問い合わせ≫

山梨県立図書館サービス課 子ども読書推進担当

電話:055-255-1040  FAX:055-255-1042    

電子メール:kodomo@lib.pref.yamanashi.jp

主なイベント(9月)

2018年9月

・2日(日曜日)午後2時 外国語の絵本読み聞かせ  (PDF) 

8日 (土曜日) 午後1時 山梨県司法書士会無料法律相談会(PDF)

13日(木曜日)午前10時 図書館で楽しむ子育てinかいぶらり(PDF)

・15日(土曜日)午後4時 おんがくかいぶらり18 宮崎仁&パーカッション・パラダイス(PDF)

・16日(日曜日)午後1時30分 第12回 山梨がんフォーラム(PDF)

29日(土曜日)午前10時 ことばのひろば「インドチャチャチャ!日本チャチャチャ!」 (PDF)  

 

※その他のイベントはこちら(2018年9月の交流施設イベントインフォメーション)(PDF)

 

 

 

 



山梨県立図書館では、10月から来年3月にかけて、
「かいぶらり教養セミナー 金田一館長連続講座『寺子屋ことば学』」を開催します。

★講座の日程・内容や、受講要件については、チラシ(PDF)をご覧ください。  


募集期間

  • 8月24日(金曜)~9月21日(金曜)

    定員100名を超えた場合、抽選で選定し受講決定者に10月10日までに通知します。

 

申込みの方法

チラシ(PDF)裏面の様式により、FAX、メール、電話、図書館カウンターで受付します

メールでの申し込みには、こちらの申込書(Word版)にご記入の上、添付ファイルとして山梨県立図書館企画振興担当(kikaku@lib.pref.yamanashi.jp)までお送りいただくか、メール本文中に氏名(カナ)、住所、電話番号をご記入のうえお送りください。 

 

お問い合わせ

山梨県立図書館 企画振興担当
電話番号 055-255-1040 FAX055-255-1042

金田一秀穂館長講演会 AIと言葉」を開催しました

平成30年7月15日(日)14時~15時、当館1階イベントスペースにて「館長企画事業」として『金田一秀穂館長講演会 AIと言葉』を開催しました。

阿刀田高名誉館長の後を引き継がれました新館長金田一秀穂先生の初めての講演会ということで、甲府のうだるような暑さの中ですが会場満席のご来場を賜りました。

AI(人工知能)は決して忘れることなく、24時間休むこともなく、無限に知識の記憶のできるものであり、瞬時に何万回の演算ができるということを基に、学習や学ぶこと、働くことの本当の意味を問いかける講演でした。もちろん言葉は、同じ表現でも表現者によって意味が変わってくる、としながら、講演について「結論はないんです。わからないんです。」とおっしゃる金田一館長のまとめには、私達が100年生きていくこと、働くことの意味や、何に価値があり、言葉はどれほど大切なのかを改めて一人ひとりがきちんと主体的に考えなければならないことの重要性を訴えていました。壇から下りて講演なさる館長のお人柄はもちろん、講演の意味を皆さんが受け止め、ご満足戴けたようでした。

金田一館長には、8月31日にも講演をお願いしてございます。また、10月20日(土)を皮切りに、月1回連続6回の「館長連続講座」も計画しております。どちらも応募制になりますので、近々ご案内いたします。乞うご期待!