ホーム > お知らせ
>

山梨県立図書館協力会(図書館ボランティアの会)では、11月18日(日)に甲府駅北口よっちゃばれ広場で開催予定の、第5回「贈りたい本の市」に向けて、「誰かに贈りたい本」を収集しています。たくさんの本が集まりますよう、ご協力をお願いいたします。

 

 収集期間 平成30年8月3日(金)~10月28日(日)

 

 ※詳細につきましては、チラシ(PDF)をご覧ください。

 

 申込み・問い合わせ先

山梨県立図書館協力会事務局(山梨県立図書館内)

〒400-0024 甲府市北口2-8-1

℡ 055-255-1040(代)

 

>

山梨県公共図書館協会第2回全体研修会で開催する金田一館長の講演会に一般の方の参加を受け付けます。


講 演「本と言葉」

講 師: 金田一 秀穂 (山梨県立図書館長)


日 程

平成30年8月31日(金曜) 午後2時~午後3時30分


会 場:山梨県立図書館 2階多目的ホール



定 員:100名 事前申込制・先着順 聴講無料です。

 

お申し込み・お問い合わせ

県立図書館で配布されるチラPDF)裏面の参加申込書により、県立図書館あてに
電話、FAX、県立図書館カウンター、電子メールでお申し込みください。

 

 

山梨県立図書館 

電話:055-255-1040  FAX:055-255-1042    

電子メール:kikaku@lib.pref.yamanashi.jp

 

>


情報サテライト1資料展示「子どもたちへの贈りもの 「赤い鳥」創刊100周年―」看板

 

大正7年に童話と童謡の児童雑誌「赤い鳥」が創刊されてから、今年で100年です。

新美南吉「ごんぎつね」、芥川龍之介「蜘蛛の糸」「杜子春」、北原白秋の童謡「この道」「赤い鳥小鳥」、これらは全て「赤い鳥」から生まれた作品です。 

本展示では、復刻版「赤い鳥」や、そこに掲載された童話・童謡のほか、「赤い鳥」で活躍した作家・詩人・画家についての関連資料をご紹介します。 

夏休み中の子どもたち、昔子どもだった大人の皆さん、この機会にぜひ名作の数々に触れてみてください。

※当館1階には「子ども読書研究コーナー」があります。児童文学や子どもの読書に関する研究書が多数揃っています。併せてご利用ください。


期間:平成30年7月27日(金曜日)~9月24日(月・振替休日)

※期間中の休館日:毎週月曜日

(9月17日(月・祝)、9月24日(月・振替休日)は開館、9月18日(火)は休館)

場所:情報サテライト1(閲覧エリア2階南側)

  

展示内容

  • 鈴木三重吉と「赤い鳥」

  • 復刻版「赤い鳥」

  • 「赤い鳥」を彩った作家たち

  • 「赤い鳥」の童話と童謡

  • 大正・昭和の子どもたち

  • その後の児童文学

   
展示リストの一覧はこちらをご覧ください。(PDFファイルが開きます)。

蔵書検索画面のおすすめコーナーからも見ることができます。

 

★山梨県立文学館との連携展示です★

山梨県立文学館では7月14日(土曜日)~8月26日(日曜日)、
特設展「子どもたちへの贈り物 童話の花束」を開催しています。
芥川龍之介、前田晃、徳永寿美子、村岡花子ほか
山梨ゆかりの文学者の児童文学作品を紹介していますので、
ぜひ、あわせてご覧ください。
詳しくは文学館ホームページをご覧ください。


展示風景

資料展示「子どもたちへの贈りもの「赤い鳥」創刊100周年~」展示風景

資料展示「子どもたちへの贈りもの~「赤い鳥」創刊100周年~」展示風景2

>

山梨県図書館協議会の公募委員の募集を行っています。

 〇募集人員 2名
 〇任期 委嘱の日から2年間
 〇応募期間 平成30年8月1日(水)~8月31日(金)

★詳細については、山梨県教育庁社会教育課ホームページをご覧ください。


    山梨県図書館協議会公募委員の募集ちらしはこちら (PDF)

    山梨県図書館協議会公募委員の応募申込書はこちら (word)

 

※山梨県図書館協議会に関するお問い合わせ先:
  山梨県教育庁社会教育課社会教育振興担当(大森)
  TEL055-223-1771 FAX055-223-1775
  e-mail shakaikyo@pref.yamanashi.lg.jp





>

期間:2018年7月20日(金曜日)~9月30日(日曜日)

場所:情報サテライト2(閲覧エリア2階) 


 150年前に始まった明治時代。山梨県にも文明開化の波が押し寄せ、殖産興業、自由民権運動、中央線の開通、甲州財閥の活躍など大きな変化が起こりました。熱気に満ち溢れた時代を、当時刊行された資料や、活躍した人物から振り返ります。

 加えて、山梨の明治を象徴する「藤村式建築」をはじめとした、明治時代の建築物に関する資料を紹介します。 

展示内容

山梨の明治

・明治と建築


展示資料の一覧はこちらをご覧ください。(PDFファイルが開きます)。

蔵書検索画面のおすすめコーナーからも見ることができます。

展示風景 

    


これまで情報サテライト2で行った資料展示は「発見!やまなしナビ」内

山梨レファレンスデスク通信」でご覧いただけます。

>

ミニ展示「やまなしの山と水」看板

毎年8月1日は「水の日」8月11日は「山の日」です。
県立図書館では、これらの記念日に合わせ、やまなしの山と水に関する本を展示しています。

山梨県は、富士山や南アルプス、八ヶ岳などの美しく雄大な山々に囲まれています。
それらの山を源とする清らかな水にも恵まれ、様々な県産品や景勝地を生み出しています。
この機会に山梨県の山と水の魅力を再発見してみませんか?

また、当館では「山紫水明やまなしの水」「富士山関連資料」コーナーを常設しています。
あわせてご利用ください。

※森林環境総務課「やまなしで過ごす「山の日」」事業への協力展示です。
 会場内でイベントガイドパンフレットを配布しています。

※同スペースで情報サテライト1資料展示「子どもたちへの贈りもの~「赤い鳥」創刊100周年~」を
 平成30年7月27日(金)~9月24日(月・祝)の日程で開催します。あわせてご覧ください。

 

期間:平成30年7月20日(金曜日)~平成30年8月19日(日曜日)

 ※期間中の休館日:毎週月曜日

場所:情報サテライト1(閲覧エリア2階南側)

 

展示内容

  • やまなしの山(36冊)

  • やまなしの水(25冊)

  • 山と水の恵み、現在とこれから(37冊)

    展示リストはこちらをご覧ください。(PDFファイルが開きます)。

   蔵書検索画面のおすすめコーナーからも見ることができます。 

 

展示風景

ミニ展示「やまなしの山と水」展示風景1

ミニ展示「やまなしの山と水」展示風景2

>

やまなし読書活動促進事業の一環として、図書館と書店をめぐるスタンプラリー「やま読ラリー」を開催します。(7月1日(日)~8月31日(金) ※「オリジナルしおり」引き換えは9月30日(日)まで)

県立図書館も参加します!

「やま読ラリー」の始め方や、参加書店の一覧、
スタンプを集めてもらえる「オリジナルしおり」などについては、

「やま読ラリー」のページをご覧ください。

>

山梨県では、県民の読書活動に対する理解を深めるため、
本を贈る習慣の定着を図るイベントを「やまなし読書活動促進事業」として行っています。

県立図書館では、関連事業として、「贈りたい本大賞-大切な人に贈りたい1冊-」の募集を行っています。
これは、大切に思う人に贈りたい本の書名・著者名等と贈りたい理由を推薦文として150字以内にまとめてお送りいただくものです。

本年度も「第5回贈りたい本大賞-大切な人に贈りたい1冊-」として実施いたします。

大賞受賞者(5名)には、賞状と図書カード(1万円)を贈呈するとともに、
平成30年11月11日(日)午後1時より表彰式を行います。
また、特色ある取組みを行った学校に、学校賞を贈呈します。

やまなし読書活動促進事業のページご覧ください。

募集期間:2018年6月26日(火曜)~9月7日(金曜)

応募方法

  • 応募用紙に記入し、郵送、FAX、メール、県立図書館への持参のいずれかによりご応募ください。
  • 応募用紙は、県立図書館および県内公立図書館等にございます。

応募先・問い合わせ先 

  •  〒400-0024 山梨県甲府市北口2丁目8-1

       山梨県立図書館 総務企画課企画振興担当

>

平成30年4月21日(土)午後1時50分、平成24年11月11日の開館からの入館者が500万人を達成しました。県立図書館を日頃ご利用いただいている皆様方に深く感謝申し上げます。

午後2時より、メインロビー特設ステージにおいて達成記念セレモニーを開催し、500万人目達成者の家族に対し、花束、金田一館長のサイン色紙、サイン入り著作「日本語大好き」等を贈呈しました。

今後とも図書館サービスの充実に努め、さらに多くの利用者をお迎えしたいと考えております。

入館者500万人達成

 

 

 

 

>

 県立図書館では、平成30年2月23日(金)午後2時から火災の発生を想定した防災訓練を実施しました。
 図書館員の他、一般の利用者の方にも参加をいただきました。
 多くの方にご協力いただき誠にありがとうございました。

防災訓練

防災訓練