ホーム > ティーンズ > きいて!きいて!

きいて!きいて!

きいて!きいて!コーナーではおすすめの本を募集しています

  ティーンズコーナーの一角にある「きいて!きいて!コーナー」では、皆さんのイチオシの一冊を募集しています。
   最近読んでおもしろかった本、感動した本、大好きな本を教えてください。
   用紙はコーナーにあります。応募してもらった中からいくつかを一定期間、掲示します。

 

 

るうるうさん(小学1年生)のきいて!きいて!

『あさえとちいさいいもうと』(筒井 頼子/さく 林 明子/え 福音館書店 1982年)

 おねえちゃんが、いっしょうけんめいさがして、やさしいとおもいました。

どきどき度 ★★★★★

 

こころさん(小学2年生)のきいて!きいて!

『王さまきえたゆびわ』(寺村 輝夫/作 和歌山 静子/絵 理論社 1991年)

 エメラルドという女の人がワニをかっているのが、ふしぎでおもしろくて、おすすめです。

ふしぎ度 ★★★★★

 

さっちゃんさん(小学3年生)のきいて!きいて!

『おばけのバーバパパ』(アネット=チゾン/さく タラス=テイラー/さく やましたはるお/やく 偕成社 1972年)

 バーバパパの家族がいろいろな形に変身して、町などを守りながらおもしろいのが、ポイントです。

おもしろい度 ★★★★★

 

S.Yさん(小学3年生)のきいて!きいて!

『内村航平 オリンピックのアスリートたち』(本郷 陽二/編 汐文社 2012年)

 内村さんが、子どものころから親といっしょに、あきらめず、がんばったことがくわしく書かれていて、おすすめします。

おすすめ度 ★★★★★

 

そうかさん(中学1年生)のきいて!きいて!

「怪談レストラン」シリーズ 『恐怖のトンネルレストラン』(たかい よしかず/絵 童心社 2007年)

 

 怖くて本当にありそうなぞっとする本が、ぼくにとってポイントです。

こわい度 ★★★★★

 

ジュリエットさん(高校2年生)のきいて!きいて!

『羅生門』(芥川 龍之介/著 新潮社 2005年)

 

 ある日暮れ、雨からこの話は始まる。沢山の動物が臨場感をつくりだす。人間の心とは何かという作者からの問いかけに、あなたは答えることができるか?

難易度 ★★★★★

 

▲ページのトップへ