ホーム > 阿刀田名誉館長の部屋

阿刀田名誉館長の部屋

名誉館長プロフィール

阿刀田館長写真

阿刀田 高(あとうだ たかし)
作家、小説家。昭和10年東京生まれ。 
早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、国立国会図書館で司書として11年間勤務する。図書館勤務中から執筆活動を続け、昭和53年『冷蔵庫より愛をこめて』でデビュー。
昭和54年『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞、同年短編集『ナポレオン狂』で第81回直木賞受賞。平成7年『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞受賞。 
その他、『短編小説のレシピ』『旧約聖書を知っていますか』など著書多数。
最近の著作に『漱石を知っていますか』(新潮社 2017年12月22日)がある。
平成15年紫綬褒章、平成21年旭日中綬章受章。 
平成19年から平成23年まで日本ペンクラブ会長を務める。
平成24年4月に山梨県立図書館館長就任。
平成26年4月に新田次郎記念会理事長就任。

 

県立図書館との歩み

 

平成24年 4月  山梨県立図書館館長に就任
11月 館内一般資料コーナーに「阿刀田館長関連資料コーナー」を設置
12月 館長連続講座第1期「古事記とギリシャ神話」開講
平成25年 7月 県内各地での館長出張トーク開始
10月 館長連続講座第2期「短編小説を読む」開講
平成26年10月 館長連続講座第3期「短編小説の楽しみ」開講
平成27年10月 館長連続講座第4期「短編小説の楽しみ、今でしょ」開講
平成28年10月 館長連続講座第5期「楽しく、やさしい源氏物語」開講
平成29年10月 館長連続講座第6期「小倉百人一首を楽しく」開講
平成30年 3月 山梨県立図書館館長を退任
      4月 山梨県立図書館名誉館長に就任

 このほか
○館長企画講座を年3回実施
○贈りたい本大賞の創設
○やまなし読書活動促進事業の推進
など、6年間にわたり、山梨県立図書館の発展と読書活動促進に力を尽くした。