ホーム > イベント情報 > 図書館イベント情報

図書館イベント情報

講演「子どもに伝えたい山梨の民話」を開催します

甲州弁で山梨の昔話や伝説を子どもに語ってみませんか。子どもは地方語の昔話を楽しむ感性を持っているので、おはなしを通して、ふるさとを伝えることができます。
今回の講座では、いくつかの地域の民話を取り上げ、語りを交えながらおはなしの背景を説いていきます。また、おはなし会の際の子どもへのアプロ―チやブックトークへの展開なども、絵本を使ってお話していただきます。

 この講座は、「子どもの読書オープンカレッジ」として、年5回実施する講座の第4回目です。

●「子どもに伝えたい山梨の民話」

●講師:藤巻愛子 氏(山梨むかしがたりの会代表)

●日時:平成30年12月6日(木) 午後2時~4時

●会場:2階多目的ホール

●共催:山梨大学附属図書館子ども図書室

●対象:図書館職員、学校司書、司書教諭、幼稚園教諭、保育士、読み聞かせボランティア、保健師、放課後児童指導員など、子どもの読書に関心のある方なら誰でも参加できます。お子様同伴での参加はご遠慮ください。

●参加費:無料

●定員:100名(定員になり次第、受付を終了させていただきます)

●参加申込み方法:県立図書館、市町村立図書館等で配布されるチラシ(PDF)裏面の参加申込書により、県立図書館あてに郵送、FAX等でお申し込みください。または、電子メールでのお申し込みも可能です。件名を「子どもの読書オープンカレッジ参加申込み」とし本文に「氏名・所属(一般の方は不要)・電話番号」を記入し送付ください。なお定員に達した時点で締切とします。締切後にお申し込みをいただいた場合はご連絡します。

≪お問い合わせ≫

山梨県立図書館サービス課 子ども読書推進担当

電話:055-255-1040  FAX:055-255-1042    

電子メール:kodomo@lib.pref.yamanashi.jp

主なイベント(12月)

2018年12月

・9日(日曜日)午後1時 ビブリオバトルやまなし2018 (PDF) ※会場は2F多目的ホールに変更となりました 

9日(日曜日)午後1時30分 かいぶらり健康フォーラム山梨がんサミット 2018第4弾(PDF)

13日(木曜日)午前10時 図書館で楽しむ子育てinかいぶらり(PDF)

・15日(土曜日)午前10時 スリランカチャチャチャ!日本チャチャチャ!(PDF)

・16日(日曜日)午後2時 外国語の絵本読み聞かせ(PDF)

・22日(土曜日)午後3時30分 おんがくかいぶらりモーツアルトアンサンブルオーケストラ(PDF) 

※その他のイベントはこちら(2018年12月の交流施設イベントインフォメーション)(PDF)

「かいぶらりいろどりものがたり朗読会『ヴィヨンの妻』」を開催しました

平成30年11月28日(水)当館1階交流ルーム104にて、「かいぶらり いろどりものがたり 朗読会」としまして、太宰治の『ヴィヨンの妻』の朗読会を開催致しました。ボイスルームの皆さんにそれぞれ役割を振り、個性ある登場人物を語り分けていただきました。参加されたお客様からは「前半後半で妻の読み手さんが変わった事で妻の性格や心情の変化のようなにも感じました」「初めて参加しましたが、読み手によってこんなにも情景が変わる!新鮮でした」などの、感想が寄せられました。プロのアナウンサー、ボイスルームの皆さんには、次回、来年2月20日(水)に朗読会をお願いしています。どうぞご期待ください。

20181128kaiburariirodorimonogatari.jpg

おはなし☆おはなし2018を開催しました

平成30年11月25日(日)13時~15時、当館交流ルーム101および102にて「おはなし☆おはなし2018」として『おはなし会』と『折り紙展示』を開催しました。図書館ボランティアやまなし様との共催で、『おはなし会』第1部では北杜市の図書館で活動されている「くるりくら」、第2部では「図書館ボランティアやまなし」のメンバーらが、それぞれお話などをしました。会場に詰め掛けたお子様とのやり取りをしながら、アリが皆さんの間をのし歩いたり、大型絵本で白鳥が大空を飛び渡ったり、野菜を収穫したり、赤ずきんちゃんのエプロンシアターを見せてもらったりしました。おはなし会の前後には、甲府文庫連絡会の皆様による折り紙のプレゼントや、折り方の教室があって、お子様ももちろんですが、大人もうれしそうにして楽しいひと時を過ごしました。交流ルーム102では、101歳で亡くなられた石井桃子さんの没後10年の展示もあり、たくさんの本と資料が展示されました。ご参加された皆さんはもちろん、おうちでも本を読んだり、読み聞かせをしたりしてくださいね。

20181125ohanasiohanasi2.jpg20181125ohanasiohanasi3.jpg20181125ohanaasiohanasi.jpg

かいぶらり朗読の集い 県民の日朗読会を開催しました

平成30年11月20日(火)、当館2階多目的ホールにて、「かいぶらり朗読の集い 県民の日朗読会」としまして、山梨放送のアナウンサー4名にお願いいたしまして、辻村美月さんのエッセー『図書室で暮らしたい』の朗読会を開催いたしました。富士山や甲府の書店、直木賞受賞のことなど、山梨県民として、読書ファンとして、大変楽しめる内容でした。アナウンサーの皆様の素晴らしい朗読を目の当たりにし、楽しいひと時を過ごしました。当館では朗読会、おはなし会は多数開催しておりますので、どうぞご参加ください。

20181120kenninnnohiroudokukai3.jpg20181120kennninnnohiroudokukai2.jpg20181120kennminnnohiroudokukai.jpg

きたぐち音楽会inかいぶらりを開催しました

平成30年11月16日(金)、当館2階多目的ホールにて、「きたぐち音楽会inかいぶらり」今年度第2回目といたしまして、「バロック音楽のひととき」を開催いたしました。チェンバロをはじめ、復元されたバロック時代の古楽器により、バッハ親子の音楽を中心に大バッハと同時代の音楽をお楽しみいただきました。バッハの時代の楽器で奏でられたバロック音楽は、澄んだ、心にしみる、聞いたことのないほど心地よい清らかな音楽でした。次回「きたぐち音楽会」は来年3月3日(日)を予定しております。お楽しみに。

20181116kitagutiongakukai.jpg

阿刀田高名誉館長講演会&金田一秀穂館長トークショーを開催しました

平成30年11月11日(日)午後2時30分より、当館1階イベントスペースにおきまして館長企画事業「阿刀田高名誉館長講演会&金田一館長とのトークショー」を開催しました。講演会は「読書、今でしょ」と題して、読書をすることの価値についてお話がありました。阿刀田先生は肺結核で20代のころ療養生活を送ったそうで、そのころ大量の小説を読破したことで、その蓄積が小説家になるための役に立ったとお話しされました。読書と株を比較なさって、株は安値の時に買うのが常套、読書の文化が低迷している今、「読書は買い時」であり、必ず将来その人の大きな力として評価され、価値が上がる、と読書のすすめをされました。続くトークショーでも、金田一館長とともに、図書館の百科事典的に網羅された書籍が、人や社会の成長に貢献すると説かれました。小説家としてオチが先に2~3行でできて小説になることも明かされ、落語全集など、父親の書棚にある本の影響についても語られました。参加者にも、家庭教育の一環として書籍を家の身近なところに置くように呼びかけられ、当館名誉館長としましても、読書活動の推進をされました。

20181111kouennkaito-kusyo-.jpg20181111kouennkaito-kusyo-2.jpg

「平成30年度やま読ラリー・コンプリートプレゼント贈呈式」「贈りたい本大賞表彰式」を開催しました

平成30年11月11日(日)午後1時40分より、当館1階イベントスペースにおきまして、「やま読ラリー・コンプリートプレゼント贈呈式」と「贈りたい本大賞表彰式」を行いました。最初に「平成30年度やま読ラリー・コンプリートプレゼント贈呈式」がおこなわれ、今年度の「やま読ラリー」と銘打った「やまなし読書活動促進事業」に参加され、図書館や書店を通じての読書に励まれた方、そのご応募された中から抽選で選ばれた方々に、金田一館長からサイン入りの辞書をお贈りしました。そのあと、今年度の「贈りたい本大賞」の表彰式を行いました。当館阿刀田高名誉館長が提唱され、新館開館以来の取り組みで、5回目となりましたが、応募は6歳から85歳までの5654通にものぼり、本当に多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。金田一館長から「大賞」受賞者と学校賞のなかでも特色ある取り組みをした「金田一秀穂館長賞」受賞校に賞状とサイン色紙など、保坂哲也社会教育課長より「学校賞」受賞校に賞状が授与されました。当館HPで入賞作品のリーフレットを公開しております。来年以降も奮ってご参加をお願いし、山梨の読書活動を推進してまいりたいと存じます。

20181111yamadoku.jpg

20181111okuritihonntaisyou1.png

20181111okuritaihonn2.jpg

山梨県立図書館では、10月から来年3月にかけて、
「かいぶらり教養セミナー 金田一館長連続講座『寺子屋ことば学』」を開催します。

★講座の日程・内容や、受講要件については、チラシ(PDF)をご覧ください。  

募集期間

  • 8月24日(金曜)~9月21日(金曜)  ※申し込みは終了しました

    定員100名を超えた場合、抽選で選定し受講決定者に10月10日までに通知します。

申込みの方法

チラシ(PDF)裏面の様式により、FAX、メール、電話、図書館カウンターで受付します

メールでの申し込みには、こちらの申込書(Word版)にご記入の上、添付ファイルとして山梨県立図書館企画振興担当(kikaku@lib.pref.yamanashi.jp)までお送りいただくか、メール本文中に氏名(カナ)、住所、電話番号をご記入のうえお送りください。 

お問い合わせ

山梨県立図書館 企画振興担当
電話番号 055-255-1040 FAX 055-255-1042

講演「いまヤングアダルトはどうなっているのか」を開催します

 ヤングアダルト、ということばには二種類の意味があります。一つは人…つまり年齢です。もう一つは本…つまり文化です。アメリカでは1960年代、この二つの意味はイコールでした。つまり、ヤングアダルト文学は、10代が読むもの、だったのです。ところが2018年には、この二つのヤングアダルトは分離して、イコールではなくなってしまいました。その現状と、いまの中高生に、どんな本を手渡したらよいのかを考えます。

  この講座は、「子どもの読書オープンカレッジ」として、年5回実施する講座の第3回目です。

「いまヤングアダルトはどうなっているのか」

●講師:赤木かん子氏(児童文学評論家)

●日時:平成30年10月18日(木) 午後2時~4時

●会場:2階多目的ホール

●共催:山梨大学附属図書館子ども図書室

●対象:図書館職員、学校司書、司書教諭、幼稚園教諭、保育士、読み聞かせボランティア、保健師、放課後児童指導員など、子どもの読書に関心のある方なら誰でも参加できます。お子様同伴での参加はご遠慮ください。

●参加費:無料

●定員:100名(定員になり次第、受付を終了させていただきます)

●参加申込み方法:県立図書館、市町村立図書館等で配布されるチラシ(PDF)裏面の参加申込書により、県立図書館あてに郵送、FAX等でお申し込みください。または、電子メールでのお申し込みも可能です。件名を「子どもの読書オープンカレッジ参加申込み」とし本文に「氏名・所属(一般の方は不要)・電話番号」を記入し送付ください。なお定員に達した時点で締切とします。締切後にお申し込みをいただいた場合はご連絡します。

≪お問い合わせ≫

山梨県立図書館サービス課 子ども読書推進担当

電話:055-255-1040  FAX:055-255-1042    

電子メール:kodomo@lib.pref.yamanashi.jp