大会概要

第107回全国図書館大会 山梨大会(オンライン大会)の概要

1. 大会テーマ

知をつなぐ、甲斐 (交ひ) の国から

2. 日程

参加申込み日程

参加申込期間:令和3年8月3日(火曜日)から10月7日(木曜日)まで
参加費支払い:令和3年10月8日(金曜日)から10月29日(金曜日)まで

配信日程 (詳細はこちらをクリックしてご覧ください)

  • 全体会の配信は11月11日(木曜日)から開始します。
  • 11月11日(木曜日)と12日(金曜日)には、生配信予定の各分科会を実施します。
  • 事前に収録された各分科会のコンテンツは、10月下旬から順次配信を開始します。
  • 生配信の分科会についても記録した動画を配信予定です。(一部除く)
  • ライブ配信はZoomを利用します。事前に収録されたコンテンツはvimeoで配信します。
  • 動画コンテンツの公開は12月31日(金曜日)までとなります。

※11月11日と12日は、山梨県立図書館2階多目的ホールにサテライト会場を設けます。
 サテライト会場では、全体会のコンテンツをご覧いただけます。

3. 大会プログラム

[全体会] 開会式 (開会宣言、挨拶、祝辞) 、基調報告、記念講演
[分科会] 第1分科会~第16分科会
[交流サイト] 分科会や、さまざまなテーマ別に情報交換できる交流サイトを開設

※その他、大会案内、申込案内、参考資料、リンク集、観光ガイド等の関連情報を大会ホームページに随時公開します。

4. 組織体制

実行委員会 (山梨大会実行委員会 : 山梨県立図書館)による 企画・運営

主催

公益社団法人日本図書館協会、山梨県、山梨県教育委員会、甲府市、甲府市教育委員会、山梨県公共図書館協会、山梨県内大学図書館部会、山梨県学校図書館教育研究会、山梨県高等学校教育研究会図書館部会

共催

関東地区公共図書館協議会、神奈川県図書館協会、千葉県公共図書館協会、埼玉県図書館協会、茨城県図書館協会、栃木県公共図書館協会、群馬県図書館協会、新潟県図書館協会、長野県図書館協会、静岡県図書館協会

後援

文部科学省、国立国会図書館、全国公共図書館協議会、国立大学図書館協会、公立大学協会図書館協議会 私立大学図書館協会、専門図書館協議会、一般社団法人日本書籍出版協会、公益財団法人文字・活字文化推進機構、山梨県市長会、山梨県町村会、山梨県高等学校長協会、山梨県小中学校長会、公益財団法人山梨県私学教育振興会、図書館友の会全国連絡会、山梨県書店商業組合、国立大学法人山梨大学、NHK甲府放送局、山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ山梨

5. 大会参加費

参加費 (オンライン大会視聴ID、資料代:大会記録誌発送) 4,000円

6. 開催分科会

第1分科会公共図書館
第2分科会大学図書館
第3分科会学校図書館
第4分科会児童サービス
第5分科会専門図書館
第6分科会図書館情報学教育
第7分科会著作権
第8分科会公共図書館プロジェクト
第9分科会図書館の自由
第10分科会図書館利用教育
第11分科会障害者サービス
第12分科会資料保存
第13分科会出版流通
第14分科会多文化サービス
第15分科会健康情報
第16分科会非正規雇用職員

(全16分科会)

詳細は「分科会」に記載しています。