ホーム > お知らせ > バーチャルミニ展示「自殺予防週間」(連携展示)

バーチャルミニ展示「自殺予防週間」(連携展示)

バーチャルミニ展示「自殺予防週間」(9月2日~9月30日まで公開)

バーチャルミニ展示「自殺予防週間」

概要

9月10日から16日は「自殺予防週間」です。

これにあわせ、山梨県健康増進課、山梨県立精神福祉センターと連携して、バーチャルミニ展示を開催し、関連する資料をリストで紹介します。

将来にわたって誰も自殺に追い込まれることなく、安心して暮らせる社会を実現するためには、県民一人ひとりが「自殺は誰にでも起こりうる身近な問題」、「社会的な取り組みで防ぐことができる」という共通の認識を持つことが大切です。

心の健康や自殺の問題について考えてみませんか。

リストの資料は全て貸出可能です。

現在、図書館は臨時休館中(~9月13日まで・予定)ですが、事前に予約した資料のみ貸出が可能です。
インターネット予約、またはお電話でのご予約をお願いいたします。

※臨時休館中のサービスについてはこちらをご覧ください。

◆本展示は山梨県健康増進課、山梨県立精神福祉センターとの連携事業です◆

「誰でもゲートキーパー手帳」をご活用ください。

「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことです。

「誰でもゲートキーパー手帳」(PDF) ※PDFファイルをダウンロードし、長辺綴じで両面印刷をしてご利用ください。

山梨県立精神福祉センターリーフレット「気づいて!こころといのちのSOSサイン」(PDF)

自殺予防週間ポスター(PDF)

精神保健福祉センターリーフレット バーチャルミニ展示「自殺予防週間」ポスター、誰でもゲートキーパー手帳

ブックリスト(画像をクリックすると拡大します)

ブックリスト「自殺予防週間」1

ブックリスト「自殺予防週間」2

ブックリスト「自殺予防週間」3

印刷の際は、こちらのPDFファイルをダウンロードしてください。→ ブックリスト「自殺予防週間」(PDF)