ホーム > イベント情報 > 2018年07月15日(日) 「金田一秀穂館長講演会 AIと言葉」を開催しました

2018年07月15日(日) 「金田一秀穂館長講演会 AIと言葉」を開催しました

金田一秀穂館長講演会 AIと言葉」を開催しました

平成30年7月15日(日)14時~15時、当館1階イベントスペースにて「館長企画事業」として『金田一秀穂館長講演会 AIと言葉』を開催しました。

阿刀田高名誉館長の後を引き継がれました新館長金田一秀穂先生の初めての講演会ということで、甲府のうだるような暑さの中ですが会場満席のご来場を賜りました。

AI(人工知能)は決して忘れることなく、24時間休むこともなく、無限に知識の記憶のできるものであり、瞬時に何万回の演算ができるということを基に、学習や学ぶこと、働くことの本当の意味を問いかける講演でした。もちろん言葉は、同じ表現でも表現者によって意味が変わってくる、としながら、講演について「結論はないんです。わからないんです。」とおっしゃる金田一館長のまとめには、私達が100年生きていくこと、働くことの意味や、何に価値があり、言葉はどれほど大切なのかを改めて一人ひとりがきちんと主体的に考えなければならないことの重要性を訴えていました。壇から下りて講演なさる館長のお人柄はもちろん、講演の意味を皆さんが受け止め、ご満足戴けたようでした。

金田一館長には、8月31日にも講演をお願いしてございます。また、10月20日(土)を皮切りに、月1回連続6回の「館長連続講座」も計画しております。どちらも応募制になりますので、近々ご案内いたします。乞うご期待!