ホーム > イベント情報 > 2018年02月04日(日) 「朗読劇ほかほか」を開催しました

2018年02月04日(日) 「朗読劇ほかほか」を開催しました

「朗読劇ほかほか」を開催しました

平成30年2月4日、立春の温かみを感じる日に、当館2階多目的ホールにて、「朗読劇ほかほか」が開催されました。昨年のこの催しで身延町西嶋に和紙の製法を伝えた民話をご紹介したご縁で、和紙にて漉き、和綴の本とした有井幸太さん作『西嶋紙物語 望月清兵衛伝』を、西嶋和紙工業協同組合長様より、2冊寄贈していただきました。そして、西嶋和紙のフロアランプが照らし出す中で、女優の白須慶子さん、神部冬馬さんにより、山梨の秋山の民話、上九一色の民話、また新たに編まれた望月清兵衛口伝が朗読劇として上演されました。神部さんのヴァンフォーレ甲府の応援歌の披露や、白須さんの朗読レクチャーもありました。朗読レクチャーは、会場の参加者が舞台に上がっての催しで、大好評でした。三匹の子豚や狼の役を上手にご指導いただきました。さらに、井伏鱒二と太宰治の交流の場、梅が枝旅館のおはなしもあり、大満足のイベントでした。脚本、効果、映像などすべてご担当の有井幸太さんにも惜しみない拍手が送られて、暖かな立春を迎えた一日でした。