ホーム > イベント情報 > 2018年01月07日(日) 「山梨芸術文化協会 新春合同朗読会」を開催しました

2018年01月07日(日) 「山梨芸術文化協会 新春合同朗読会」を開催しました

「山梨県芸術文化協会 新春合同朗読会」を開催しました

 

平成30年1月7日(日)、当館多目的ホールにおきまして、「かいぶらり朗読のつどい 山梨県芸術文化協会朗読部門 新春合同朗読会」が開催されました。開場後間もなく、津軽三味線三寿会藤田淳三寿様とこの日のために駆けつけて下さった尺八岩間龍山様の「初春を寿ぐ歓迎ミニコンサート」が催されました。強くしなやかな太棹の三味線と渋くのびやかな尺八の音色は、まさに新年にふさわしい澄んだ心持を感じさせてくれました。開会の後、団体ごとに研さんの成果となる、朗読が披露されました。「藤十郎の恋」「浄瑠璃寺の春」「藪の中」と続き、最後には永田部門長の「諏訪姫」となりました。三味線と朗読が息を合わせ、諏訪姫の心情が切々と迫りました。どの朗読も、作品の命を、言葉で伝え、情景が目前に立ち上がるような思いの中で、それぞれの物語世界を味わわせていただきました。山梨県芸術文化協会各朗読会の皆様、ありがとうございました。朗読の後に交流会としてご参加の皆さまや朗読会の方と意見交換があり、和やかに熱く、文学や朗読、そして人生を大いに語ったひとときでした。

新春合同朗読会の様子