全体会

記念講演

対談 : 堀内丸恵 (集英社会長) × 金田一秀穂 (山梨県立図書館館長)

「対談 これからの出版と図書館」

 集英社の堀内丸恵会長は、週刊少年ジャンプで連載された「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の初代編集者で、雑誌編集の最前線を長く経験されました。また、現在は出版界を代表する立場でも活動され、出版の役割や活字文化の大切さについて発言されています。聞き手は、言語学者で山梨県立図書館館長の金田一秀穂氏。お二人に出版や図書館、活字文化のこれから等、自由に語っていただきます。


ほりうちまるえ

堀内 丸恵 (ほりうち まるえ) 氏

集英社会長、日本雑誌協会理事長

*1951年河口湖町 (現富士河口湖町) 生まれ。山梨県立吉田高校、成蹊大学法学部法律学科卒。

1975年集英社入社。『週刊少年ジャンプ』副編集長、『スーパージャンプ』編集長、人事課課長、社長室部次長、第4編集部部長、編集総務部部長などを歴任。2004年8月役員待遇、05年8月取締役、08年8月常務取締役、10年8月専務取締役、11年8月から代表取締役社長、20年8月から会長。


きんだいちひでほ

金田一 秀穂 (きんだいち ひでほ) 氏

言語学者、山梨県立図書館館長 

*1953年東京都生まれ。上智大学文学部心理学科卒、東京外国語大学大学院修士課程修了。2000年杏林大学外国語学部教授就任。2018年4月山梨県立図書館長に就任。
『学研現代新国語辞典 改訂第六版(編書)』、『新しい日本語の予習法』他著書多数。

撮影/タカオカ邦彦


基調報告

うえまつさだお

報告者 : 植松 貞夫 (うえまつ さだお)

(公益社団法人日本図書館協会理事長)

2021年6月10日理事会で日本図書館協会理事長に選任。
日本図書館協会図書館施設委員会委員長、日本図書館協会図書館運営委員会委員長、図書館年鑑編集委員会委員。筑波大学附属図書館長、大学院図書館情報メディア研究科長、跡見学園女子大学文学部教授を歴任。筑波大学名誉教授。