ホーム > お知らせ > 情報サテライト1資料展示「地図を持って冒険の旅へ」

情報サテライト1資料展示「地図を持って冒険の旅へ」

展示「地図を持って冒険の旅へ」看板

日本地図・測量の歴史に大きな足跡を残した伊能忠敬(1745-1818)と松浦武四郎(1818-1888)。

2018年から2019年にかけて、伊能忠敬が没後200年、松浦武四郎が生誕200年・没後130年・北海道命名(1869年)150年を迎えます。現在の地図がどのように作られ広がっていったのか、彼らの事績を始めとする地図・測量の歴史、探険・冒険の記録など、地図に関する資料を様々な角度から集め、展示しました。ぜひこの機会に、日常生活になくてはならない地図の世界に触れてみませんか。

期間:平成30年12月7日(金)~平成31年1月27日(日)

※期間中の休館日:毎週月曜日(ただし12月24日、1月14日(月・祝)は開館、翌日12月25日、1月15日(火)は休館)、年末年始(12月29日(土)~1月3日(木))

場所:情報サテライト1(閲覧エリア2階南側)

展示内容

  • 日本を歩いた人々

    ・伊能忠敬 ・松浦武四郎 ・間宮林蔵 ・その他関連する人々

  • 日本の地図づくり

  • 測量の旅

    ・天体観測と数学:測量に関わる分野から

  • 探険・冒険の記録

   
展示資料のリストはこちらをご覧ください。(PDFファイルが開きます)。

蔵書検索画面のおすすめコーナーからも見ることができます。

展示風景

展示「地図を持って冒険の旅へ」展示風景1

map-jippo.jpg

展示「地図を持って冒険の旅へ」展示風景写真2