ホーム > お知らせ > 情報サテライト1 資料展示「富士山を描いた画家~横山大観生誕150年~」

情報サテライト1 資料展示「富士山を描いた画家~横山大観生誕150年~」


情報サテライト1資料展示「富士山を描いた画家~横山大観生誕150年~

今年は横山大観生誕150年にあたります。
横山大観は、生涯にわたって富士山をモチーフにした作品を約1,500点も生み出したとされ、山梨県立美術館にも作品が所蔵されています。
同時代に活躍した画家に関する資料とともに紹介することで、横山大観について知る機会にすると同時に、日本画に親しむ契機にもなるような展示を行います。
また、これまで様々に描かれてきた富士山の絵に関する資料も紹介しておりますので、そちらも併せてご覧ください。


 ★山梨県立美術館 40周年記念 リレー企画 『県美図鑑』Vol.1 「日本画」

では、横山大観の≪四季之霊峰シリーズ≫が展示されています。
間近で見ることができるこの機会に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
期間は平成30610日(日)まで。詳細は山梨県立美術館HPをご覧ください。

 

期間:平成30年5月25日(金)~平成30年7月22日(日)

 ※期間中の休館日:毎週月曜日(ただし7月16日(月・祝)は開館、翌日7月17日(火)は休館)、6月8日(金)

場所:情報サテライト1(閲覧エリア2階南側)

 

展示内容

  • 横山大観関係資料:横山大観、五浦組

  • 同時代に生きた人々:日本美術院他

  • 描かれた富士山 

   展示資料の一覧はこちらをご覧ください。(PDFファイルが開きます)。

   蔵書検索画面のおすすめコーナーからも見ることができます。

 

展示風景

資料展示「富士山を描いた画家~横山大観生誕150年~」展示風景

資料展示「富士山を描いた画家~横山大観生誕150年」展示風景