ホーム > お知らせ > 情報サテライト2 資料展示「山梨県出身の直木賞作家たち」

情報サテライト2 資料展示「山梨県出身の直木賞作家たち」

展示「山梨県出身の直木賞作家たち」看板

期間:2016年12月2日(金曜日)~2017年2月19日(日曜日)

場所:情報サテライト2(閲覧エリア2階) 

 
資料展示「山梨県出身の直木賞作家たち」を開催します。
直木賞は、芥川賞とともに1935(昭和10)年からの長い歴史を持つ文学賞です。
山梨県出身者では、木々高太郎が、1937(昭和12)年に第4回直木賞を「人生の阿呆」で初めて受賞しました。
その後、檀一雄が「真説石川五右衛門」「長恨歌」で1951(昭和26)年に第24回直木賞を、
林真理子が1986(昭和61)年に「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞を、
辻村深月が『鍵のない夢を見る』で2012(平成24)年に第147回直木賞を受賞しています。
4人の作家の直木賞受賞作やその他の作品、作家を紹介した資料などを展示します。

 

展示内容

 *木々高太郎
 *檀一雄
 *林真理子
 *辻村深月


展示資料の一覧はこちら
をご覧ください。(PDFファイルが開きます)。

蔵書検索画面のおすすめコーナーからも見ることができます。

  

展示風景 

 展示風景

展示画像

 

 

 

 











これまで情報サテライト2で行った資料展示は「発見!やまなしナビ」内
山梨レファレンスデスク通信」でご覧いただけます。